ルート営業に転職



元々営業と英語に興味があって海外を目指したものの国内での営業に配属されたこともあり、入社3年目を契機に転職活動をして海外への展開をしている日本企業に入社することになりました。 初めての海外でのルート法人営業になりますが、毎日大手メーカーまで車で片道一時間かけて通い、上司から教えて貰った社員さんにお声かけして、何か今必要な物はございませんか?という感じで伺い、ちょうど必要な物があればその場で電子部品を発注して貰うという流れで仕事をしていました。

海外での営業で転職一年目は、ルートとはいえなかなかうまく要望を引き出せなかったり、仕事以外の雑談をうまくすることが出来なかったり、失敗も多かったです。私に依頼するより、いつもの上司は来ないのか?という様に聞かれてしまい、あぁ自分は頼りないと思われているのだなぁと凹みました。

上司はとにかくその私の自信のなさそうな雰囲気をなんとかしろ!!と叱ってくれて、洋服やお化粧も色々と指導してくれました。なんだか自分を否定されたようで、更に落ち込みましたが、お客様の立場から考えると、自信のなさそうな人間に仕事を任せる訳はないよな、と納得したので、まずは自己暗示する為に見た目をキャリアウーマン風に変えました。初期投資に初任給注ぎ込みました。

格好から入るのもいかにも…ですが、雰囲気が変わるとお客さんからも色々と話して下さる様になり自分も少しずつ自信がついてきたので、色々な提案をすることが出来るようになってきました。たまたま良いお客さんが多かったお陰で、お客さんから教えてもらう事も多かったです。なんだか自分の営業力で取ったというより、取らせてもらった仕事もあった気がしますが、そのお陰で経験値が積め、次のお伺いにその経験を発揮出来るようになっていきました。

余裕が出来るまでは任された事をこなすだけで必死であまり周りが見えていませんでしたが、数をこなして余裕が出来てきて、やっと要望以上の事をして顧客満足度を上げようと考えられるようになりました。それが出来るようになってやっと仕事が楽しくなりました。仕事でもそうでなくても、人に喜ばれる事をするのが一番楽しいです。今はやりがいのある仕事が出来るようになり転職して後悔がなかったと自負しています。

このページの先頭へ