イメージ画像

海外営業で転職したい方に朗報!いま売り手市場です!

近年は海外を相手に営業の仕事をしたい、海外営業での転職を考えている方にとってメリットの多い転職ができるようになりました。日本企業のグローバル化を迎え、日系、外資系とわず海外営業の転職者を求める傾向が強くなっています。

語学力のある人はかなりの売り手市場であり、海外での経験が積める他、高収入が期待できるのも大きなメリットではないでしょうか。海外駐在は手当も豊富で現地の高級マンションが与えられるケースや、家族での移住が可能なケースもあり、企業側もそれだけ人材の確保が急務となっている事が伺えます。

海外営業の職種で転職するには?

転職、というと人生においても大きなイベントではないでしょうか。だからこそ慎重に、そして将来につながる転職をしていきたいものです。転職には知人の人脈を伝って企業エントリーする方法や、求人誌、求人サイトを活用する方法があります。そんな中で今一番おすすめなのは「転職エージェント」をうまく活用する方法と言えます。

転職エージェントとは代表的なものではリクルート社などが無料で提供しているサービスが挙げられます。キャリアアドバイザー(CA)と呼ばれる転職のプロにキャリアプランの相談や自分の希望にマッチする求人情報を提案してもらえるサービスです。また、これ以外にも提供している会社によって様々な特徴やサービスがあります。海外営業での転職でも様々な求人の中から吟味する事ができるようになります。



おすすめ転職エージェント3選!

転職エージェントには様々ありますが、とくに海外営業、語学や外国の商習慣を使った求人にリーチしやすいサイトを紹介していきますので、自分にあったものを選んでみてください。


転職は妥協の無いように確実そして自分自身の将来のためになる転職を敢行しましょう

海外営業RECRUIT転職エージェントの詳細


豊富な選択肢から選べるように求人情報を得ることも選択の1つです

海外営業JACの転職エージェントの詳細


アデコを使った海外営業もおすすめです

海外営業ADECOの転職エージェントの詳細


1ポイントアドバイス 海外営業の転職

海外営業といっても様々な企業への転職が考えられます。ここでお伝えする内容は意外と重要なので是非チェックしてみてください。転職先は主に2パターン考えておくと良いでしょう。自分にあったほうでリサーチするようにします。どういう事かというと、、、

  • 日本企業で海外に進出している企業に転職すること。「海外赴任・出張」
  • 海外の現地日系法人に「現地採用」で転職すること。
この2パターンがありますよね。大きく異るので間違えないようにしましょう。特に給料や待遇面で大きな違いがあります。現地採用は現地人と同じ給与ベースと待遇になるので国によってはかなり生活が厳しくなってしまいます。日系企業が現地で採用するケースというのは現地に派遣されていた駐在員の人件費を削って行うものですから必然的に給料も下がってきている現状があります。

ふつうは日本国内の企業に就職して、そこから海外営業に就くものをイメージされていると思いますが、現地採用なのかどうかはチェックしておくと良いです。リクルートエージェントからの提案であれば現地採用のケースはありませんよ。

2ポイントアドバイス 意外と地味な海外営業

既に経験者のかたはご存知だと思いますが海外営業というと、海外に頻繁に出張したり現地の滞在を繰り返し、何億という商談をまとめてくるような華やかなイメージがあるかもしれません。しかし一方では資料作成や社内の稟議を通したり外国人との地道な交渉や、書類のやりとりなど地味な仕事もあるものです。しかしグローバル化が進み海外での経験、外国人とも臆す事なく交渉ができたり、商習慣に精通している人材は今後もとても魅力的です。是非エージェントを使って転職を成功させて欲しいと思います!

このページの先頭へ